• かんざき

ビューを埋込みホームページを強化する


おなじみ、Googleストリートビューは施設・店舗の中を、

360度の高画質パノラマで見せることができるサービスです。

ストリートビューは半永久的に使っていただけるものなので、

撮影するときは、お店を清掃していただいたり、

きれいにセッティングしていただいたりしています!

見てくれたお客さんに「これは、素敵!行ってみたい!」

と思ってもらえる事が重要だからですね^^

そのように魅力的に撮影したパノラマツアーですから、

出来ることなら、もっともっと活用していきたいですよね。

今日は、撮影したストリートビューをお持ちのホームページに、

埋め込む方法をご紹介したいと思います!

手順1

まずGoogleマップを開き、お店を検索します。

次に、店内のストリートビューを開きます。


手順2

左上に表示されているブロック内の

メニューを開く3つの点から、

「画像を共有または埋め込む」を選択します。


手順3

「画像を共有または埋め込む」タブを選択すると、

埋込みタグが表示されます。


あとは、このタグをホームページの埋め込みたい場所に埋め込むだけ。

たったこれだけ!!

こらだけで、ホームページ上に

ストリートビューをあっという間に掲載することができます。

「店内を自由に歩き回れます!」

「コチラから施設の様子をご覧いただけます!」

などといって、掲載すれば、

集客力を高めることができますし、

些細な問い合わせも減り、スタッフの手間も省けることになります。

ちなみに、埋込みの大きさの自由にできます。

また、リンクを共有の方をクリックすると、

ストリートビューへのダイレクトリンクを取得することができます。

ただ、URL自体がとても長いので、

短縮URLにチェックを入れることによって、短いリンクを取得できます。


このリンクをSNS上に掲載すれば、

気軽に見てもらうこともできます!

とても簡単にできますので、

ストリートビューを導入したら、ぜひとも活用したいテクニックです!

#集客テクニック

最新記事

すべて表示

組織変更のお知らせ

弊社は、2021年5月1日より、更なる拡大・成長のため、 合同会社から株式会社へ組織変更いたしました。 一部、古い表記が残っている可能性がございますが、ご容赦くださいますようお願い申し上げます。 今後とも、ご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。 株式会社KAMING 代表取締役 神崎弘樹

一部、復旧しております。

前回、お知らせさせていただいた、OVHの火災についてですが、 現在、TourmakeはOVHのインフラを使用せずに、別のインフラを活用し復旧を進めております。 ツアーのViewは問題なく動作しておりますが、一部カスタムドメインをご利用になれません。 ご不便をおかけしており、申し訳ございませんが、 完全な復旧までもう少しお待ち頂けますようお願い申し上げます。

現在、障害が発生しております

現在、弊社のプロダクトのTourmakeにおいて障害が発生しております。 3月10日に、OVH社のフランスのストラスブールのデータセンターにおいて、火災が発生いたしました。これにより、約360万のWEBサイトに影響が出ております。 具体的なアップデートに関しては、OVH社のTwitterアカウントが最新の情報を得られるソースとなっております。 https://twitter.com/OVHclou